結婚できる気がしない人は何が問題なのか?

結婚は人生における一大イベントです。幸せな生活を夢見て活動しているが結果が出ない人もいるでしょう。また結婚に自信がない人も多いと思います。人生の一大イベントである結婚に対してどのように取り組んだほうがいいのか説明します。

タイミングの問題

結婚できるタイミングっていつ?

交際している相手や結婚を考えている相手はいるけれでも、結婚のタイミングがわからなくて結婚できる気がしない人もいるでしょう。

結婚を決めるためにはタイミングが必要です。2人の交際生活のなかで節目となることが起こった時が結婚するタイミングになることが多いです。

最初は年齢です。特に女性は30代になる時が一つの節目と考える人が多いようです。20代の時は仕事や趣味に没頭していましたが、30代になるにあたり今後のことを考えて結婚を決断することもあります。

次に交際期間です。一生付き合っていく相手ですから時間をかけたほうがいいという考えもありますが、データを見ると1位は期間が1年~1年半未満です。しかも3位は6か月~9か月未満と期間が短いです。

交際は続けていくと新鮮さが薄れていく傾向にあるため、相手に対して好きな気持ちが強いタイミングで結婚をした可能性が高いです。2位は10年~20年未満であり、これは十分に相手を知ってから結婚した可能性もあります。

3番目は仕事です。地方に転勤が決まった時に結婚を決断するケースも少なくはありません。また生活を維持するためには給料は必要不可欠です。昇給などによって生活できるほどの収入を得られるようになった時に結婚するケースもあります。

現在は共働きの夫婦が増えていますが、男性が自身の収入が原因で結婚に踏み出せないこともあり、結婚と仕事の関係は重要です。

その他にも周囲が結婚し始めたことや両親の将来を考えた時なども挙げられます。実は結婚をするタイミングはたくさんあるんですね。

結婚するには勢いが大事

結婚できる気がしない人は勢いがないことが考えられます。上記のように結婚するタイミングは結構多いんですね。同僚や友人と結婚について話しただけで結婚することを決意した人もいるでしょう。

結婚するためには決断しなければいけません。そしてこの決断をするための勢いが重要です。

人間は年齢を重ねるごとにリスクに対して慎重になっていく傾向にあります。それは悪いことではありませんが、その反面勢いもなくなってしまうと思います。

結婚は人生において一大イベントですが、結婚してから相手のことがよくわかります。またそれにより離婚してしまう夫婦も少なくありません。

リスクを考えることは悪いことではありません。ただし結婚は全て自分の思い通りにいくわけでもありません。それを覚悟してでも結婚に進む勢いが大事です。

プロポーズされない場合はどうするの?

自分は結婚する気でいるのに彼氏がプロポーズしてくれないと悩んでいる女性もいるでしょう。この状態が続くと年齢だけが増えてしまうと不安になるかもしれません。

結婚は相手がいて成立するものですから自分だけ積極的になってもいけません。相手がプロポーズしないのは必ず理由があります。

相手がいつまでもプロポーズをしてくれない場合は一度2人で結婚について話合う必要があると思います。それにより相手がなぜ結婚に踏み出せない理由を知ることができます。

プロポーズしない理由は様々ですが経済的な理由でためらっていることが多いです。一つの例として昔は夫が仕事をして妻が家を守る習慣があり、そのような環境で育った場合に自分も同じことをしなければいけないと考えてしまうからです。

しかし実際に自分の収入だけでは生活することができず、そのギャップからプロポーズに踏み出せません。そのような場合は自分も働き、家計を助けることを伝えましょう。

相手から「結婚する気がない」と言われることに不安になる可能性があります。しかしこのまま相手の気持ちを確認せずに生活し続けることはあまりよいことでもありません。

「特に結婚しなくても、ずっと2人でいれればいい」と考えるならば、そのままでもよいですが、もし結婚を考えているならばしっかり相手の結婚する意志を確認しましょう。

その他にも彼氏が優柔不断で結婚に対して悩んでいるのであれば、自分からプロポーズするのも一つの手段です。

出会いがない場合はどうするの?

出会いのキッカケはたくさんある

結婚できる気がしないと考えている人のなかで出会いがないことを悩んでいる人もいます。結婚するためにはまず相手と出会いが必要です。

20代~30代の男性の配偶者との出会い方の調査の結果、1位は職場です。一生連れ添う結婚相手は真面目なほうがよいと考える人は多いでしょう。そのため仕事に対する態度から真面目かどうか判断できるのは大きいと思います。

次に2位は友人の紹介です。友人以外にも上司や同僚の紹介もランクインしています。友人や上司などは自分のことを把握していることがあり、自分に合った相手を紹介してくれる可能性があるからです。

また趣味のサークルのメンバーから交際に発展するケースも多いです。これは共通の目的をもって共に行動することで相手の距離が近くなるからです。サークル活動を通して相手の性格や考えを知れることも理由として挙げられます。

その他にも合コン、SNS、旅先と出会いのチャンスはたくさんあることがわかります。上記で説明した結婚のタイミングと同様にチャンスはたくさんあり、それに対して自分がどのように行動するかがポイントと考えられます。

臆病になる人には結婚相談所がおすすめ

出会いに関して臆病になってしまう人もいますよね。過去に恋愛で失敗すると、それを引きずってしまうこともあります。また自分から行動に移せない消極的な人もいます。

そのような人には結婚相談所がおすすめです。結婚相談所には結婚のために出会いを希望する男女がたくさん登録しているので、自分の条件に合った相手を見つけることができます。

たとえ出会ってから交際に発展しても、相手が結婚を考えていなければ結ばれることはありません。結婚相談所に登録している会員は結婚を希望しているので、そのような心配はないと考えられます。

また結婚相談所は自分の職歴や趣味、年収、家族構成などを登録しなければいけません。これらの個人情報を前もって知ることができます。普通の出会いだとここまで聞くこと難しいですよね。このように少しでも相手の情報を知ることで安心して会うことができます。

その他に結婚や交際について人に相談することが難しい人もいるでしょう。結婚相談所では一人一人に担当アドバイザーがつくので交際や結婚に向けていろいろ相談することができます。

もし相手に会ったけれども交際を希望しない場合、普通ならば自分でことわらなくてはいけません。その時に気を遣うため精神的にも疲れますよね。結婚相談所では代理で相手にお断りを伝えるので問題ありません。

このように結婚相談所は出会いからケアまで充実しているので、出会いに臆病な人でも安心して利用することができます。

結婚相談所を利用する時の注意点

結婚相談所を利用する場合にいくつか注意点があります。まず利用するために費用がかかるということです。

費用については各結婚相談所によって異なります。大手結婚相談所として有名なオーネットでは入会金3万円、活動初期費用7万6,000円のほかに月会費13,900円が必要です。

またオーネットでは無料ですが結婚相談所によっては結婚が成立した時に支払う成婚料も支払わなければいけません。

2番目は結婚相談所によってはスタイルに違いがあることを確認しなければいけません。結婚を希望している人でもすぐに結婚したい人もいればじっくり考えながら行動したい人もいます。

結婚相談所では各々の考え方に合わせたスタイルで出会いを提供しています。ドクターマリッジという結婚相談所では男性は医師か年収1,000万以上の人しか登録できません。

結婚相談所を選ぶ時には結婚までの期間や相手に求める条件を理解してから選びましょう。何も考えずに選んでしまうと、いい出会いに巡り合わない可能性があります。

最後は結婚相談所とはあくまでも出会いの提供や悩みの相談を受ける場所であって、結婚までお膳立てしてくれるわけではないことを理解しなければいけません。

交際の申し込みや交際後の活動などは自分で行わなければいけません。実際に結婚相談所に申し込んで行動に消極的な人は結婚することができていません。

結婚相談所を利用する場合はこれらの点を注意してください。

結婚が負担と感じている場合

恋愛がめんどくさい時はどうしたらいいの?

実は恋愛がめんどくさいと感じている人が増えています。現在、未婚で交際相手がいない男性の30%、女性では25%が恋人を欲しいと考えていません。

その半数が恋愛に対してめんどくさいと感じているようです。恋愛は相手がいて成立することなので、自分が精一杯努力しても報われないことがあります。それにより能率が悪いと感じているようです。

その他に過去に恋愛で失敗した人は再び傷つきたくないと避けることもあります。そして昔に比べてSNSなどのサービスが増えたことで一人でも寂しくない環境が恋愛を遠ざけている一因と考えられます。

恋愛がめんどくさいと感じている人が無理に結婚しても結婚生活が失敗してしまう可能性があります。そのため、そのような人は無理に行動する必要はないと思います。

また恋愛はめんどくさいけれども結婚を希望している人もおり、非常に稀なケースですが交際期間0日で結婚するカップルもいます。

子供欲しくない人は結婚すべきではないのか?

子供が欲しくないと考えている夫婦は実は増えているんですね。子供を産まず共働きで収入を得ている夫婦を「DINKS」と言います。名前は「Double Income No Kids」の頭文字のアルファベットをつなげています。

子供ができてしまうと生活は子供中心になってしまう家庭がほとんどです。妻は母となり、夫は父となり自由な時間も少なくなる傾向にあります。また妊娠や出産、育児をすることで女性は仕事を離れなくてはいけないこともあります。

そこで自分達の時間を含めて、夫婦2人の生活を維持するために子供を作らない選択をする夫婦は増えています。

ただDINKSはまだ日本に馴染みがないため、理解のない人からは意見されることも多々あります。また子供がいないため、どちらかが他界した時は一人で生活しなければいけません。DINKSも一つの結婚スタイルですが、これらの点を注意してください。

いつまでも自由でいたいなら

「自由でいたい」と考えるなら結婚するべきではないのか?確かに結婚してしまうと独身時代のような自由な生活は制限されてしまうでしょう。

実際に一人が自由で自分に合っていると感じて結婚をしない人もいます。また恋人はいるけれどもお互いの自由のために入籍しないカップルもいます。それもライフスタイルの一つと考えられます。

ただ最初から「結婚は自由がない」と決めつけてしまうのはもったいないと思います。上記のDINKSのように現在の結婚のスタイルは様々です。もしかしたら自分と同じ考えを持っている女性が現れる可能性もあります。

まとめ

恋人はいるけどなかなか結婚できない人、結婚したいけど出会いがない人、結婚に対して疑問に感じている人、このように同じ結婚でも悩みの種類が全く違います。

なかなか結婚できない人は相手と今後について話合う必要があると思います。新しい道に進むため悩みや不安はつきものであり、それを2人で乗り越えていくことが大事でしょう。

出会いのない人は説明からわかるように出会い場所はたくさんあります。しかし交際申し込みや返事などの最後の決断は自分で行わなければいけません。

最後に結婚について疑問を感じている人は結婚が全てではありませんが、結婚も一つの幸せの手段の一つと考えられます。将来の自分のことを考えて決断してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です